「これから投資の話をしよう」

株式・FX・先物投資を中心に、ビジネスや経済に関する私見を交えた情報発信。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

売り上げの半分が吹き飛ぶ恐ろしい契約?



三陽商会の直近の売上は1000億円程である。


バーバリー事業は売上の半分を占めるといわれている。


今後バーバリーの名を冠した事業が行えなくなるので、全部は飛ばないにしろ


売上の半分が危機に晒される訳である。


過去のアパレル事業の例としては、


デサント


独アディダスと長年提携してきたが、98年に解消された。

売上高の4割をアディダス事業が稼いでいたため、その後業績は急降下。


カネボウ

こちらも同様に、仏ディオールとの長期提携を解消された。


当時のカネボウのファッション事業の売上は700億円で、

そのうち300億円を失うほどのインパクトがあったとされています。



三陽商会の株価

三陽商会



マッキントッシュの発表であまり変動はありません。



バーバリーの契約に関する発表後は大きく下げていますね。




散々批判めいたことを言いましたが、私もバーバリーのライセンス商品は買ったことあります(笑)



さらには、ファッショナブルでなければハイブラを購入している訳でもありません。(笑)



少しインパクトの強い記事を書きたかったので。

お許しを。



それでは。
スポンサーサイト

にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ
にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。